【痩せるために】 セルライトの原因

  • 2012/08/31(金) 21:00:11

今話題になっているセルライトには、冷え性・加齢・運動不足・むくみなどの

実に色々な原因があげられます。

セルライトはとにかく血行が悪くなることによって生成されます。

その血行が悪くなってしまう原因が日頃の運動不足や加齢だといわれます。

身体の「むくみ」や「冷え」も血行が悪くなることにつながってしまうことがあります。

セルライトは太ももやお尻などの下半身にできやすいといわれています。

それは下半身の血行が悪いからなのです。

セルライトは脂肪細胞との関わりがその原因となることもわかっています。

脂肪細胞とは体内で脂肪の合成や分解、そして蓄積を行う細胞のことです。

人は体脂肪率が上昇すると肥満になるのですが、

その原因は脂肪細胞の脂肪蓄積量の増加です。

そして脂肪細胞は細胞の数がいったん増えてしまうと、ほとんど減ることがないのです。

これが他の細胞と違うところです。

体重を減らして見た目は痩せても、体内は脂肪細胞が減らないということなのです。

そういうわけで継続的なセルライト除去の必要性があるということになります。

そして脂肪細胞というものは若いときだけではなく、

ある程度の年齢になっても増殖することがわかっています。

大人の女性は運動不足になりがちですから、

セルライトができやすいとうのもうなずけることです。

このようにセルライトの原因はたくさんあります。

これをふまえたうえで、セルライト解消の対策をしていく必要があるでしょう。


・描きおろしレポート

「意思が弱くても綺麗に痩せるダイエット」

レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)

最強のSEO

【痩せるために】 やせたい人の食事

  • 2012/08/31(金) 17:00:11


ダイエットするためにまず考えなければならないのは「食事」です。

やせようと思うと食事の回数や量を減らすことを考えてしまいます。

しかし食事を減らすダイエット方法は、体重を減らすことはできても

同時に減ってはいけない骨や筋肉まで減らしてしまうことになりとても危険です。

このような方法では健康のためのダイエットという目的とは違うものになり、

なんのために痩せるのかわからなくなってしまうでしょう。

ダイエットの基本は一日3食をきちんと規則正しくとることです。

3食の食事時間は5〜6時間空けるようにすれば間食を防ぎ、

体脂肪を燃焼することができます。

ダイエットをしたい人は一日の中でとくに朝食をしっかり摂ることが大切です。

朝食はたくさん食べても体脂肪が蓄えられにくので大丈夫です。

何故なら食事量が多くても1日の活動でエネルギーを消費するができるからです。

おすすめの朝食メニューは具だくさんの味噌汁・ごはん・おかず数品です。

バランスの取れた食事をするように心がけましょう。

またやせたいからといって食事を抜くと胃や腸の吸収力が高まり、

次の食事でよりエネルギーを取り込もうとするので太りやすくなります。

また夕飯の量は極力少なくする必要があります。夕方以降は活動量が減り、

身体をやすめるときだからです。このような1日の食事量の配分にも気をつけましょう。

目安としては「朝5:昼3:夕1」ぐらいがベストです。

朝食でしっかりと栄養を摂るようにすることが重要です。

バランスの取れた献立でできれば和食中心のメニューにしていきましょう。


私が書いた電子書籍をプレゼントしています。



電子書籍のダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)


最強のSEO

  • 2012/08/31(金) 07:00:14

ダイエットの目的がメタボリックシンドロームの予防であったり、

メタボリックシンドロームを改善するための対策であるという人が

最近増えてきているようです。

近ごろよく耳にする言葉のメタボリックシンドロームですが、

それは具体的にどんな状態のことを指すのでしょうか。

肥満、とくに内臓に脂肪が蓄積した肥満が原因であると考えられているのが、

生活習慣病と呼ばれている病気です。

この生活習慣病には、肥満症・高血圧・糖尿病・高脂血症などが含まれます。

メタボリックシンドロームとはこの内臓に脂肪が蓄積されることにより

病気が引き起こされた状態のことを指します。

この内臓に蓄積された脂肪を取るダイエットをすることが、

メタボリックシンドロームの予防には大変効果的だといえます。

ダイエットをする前に身体に蓄積された脂肪の種類を把握することも大切です。

肥満は体のどの部分に脂肪がつくかによって2つのタイプに分けられます。

「皮下脂肪型肥満」というは下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの

皮下に脂肪が蓄積するタイプです。

もうひとつ、「内臓型肥満」は内臓のまわりに脂肪が蓄積するものです。

からだの形の特徴から「洋ナシ形肥満」と「リンゴ型肥満」といういわれ方を

することもあります。

また自分ではまったく気がつかないうちに病気が進行していることも

よくあるものですし、一口にメタボリックシンドロームといっても

その内容は実に様々ですから、気をつけなくてはなりません。

第一に自分自身の体がどんな状態なのかチェックして、

メタボリックシンドロームについてもきちんと理解することが大切でしょう。

そしてそれが効果的なダイエットを進める第一歩になり、

メタボリックシンドロームの予防や改善をすることができるでしょう。

世の中には様々なダイエットの方法がありますが、

インターネットなどで検索してみるとよいでしょう。

その中から自分に合ったものを見つけることが重要でしょう。


・描きおろしレポート

「意思が弱くても綺麗に痩せるダイエット」

レポートのダウンロード

メールアドレス
名前(HN可)